意識整体 SRT姫路センター

SRT治療法を受けていれば、一生介護のお世話になることはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ人気ブログランキング
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

一片のパン,幼いマリコへ

ある新聞記事を見て感じる処があったので、記してみたいと思います。 81才,進駐軍兵士だった元ハワイ州知事、ジョージ、アリヨシ氏からの手紙を元にした記事でした。親殺し子殺し、数々の不正や偽装が伝えられる日本で元知事の訴えは(苦難にたじろがない、乏しさを分かつ,思いやり、無私、隣人愛、義理、恩、お蔭様、国のために)に日本人がもう一度思いをはせて欲しいと言うものだった。
 終戦直後に出会った少年が見せた日本人の心が今も、アリヨシ氏の胸に刻まれているからである。 

 手紙によると、陸軍に入隊したばかりのアリヨシ氏は1945年秋、初めて東京の土を踏んだ。丸の内の旧郵船ビルを兵舎にしていた彼が最初に出会った日本人は、靴を磨いてくれた7歳の少年だった。言葉を交わすうち、少年が両親を失い,妹と二人で過酷な時代を生きていかねばならないことを知った。東京は焼け野原だった。その年は大凶作で,1000万人の日本人が餓死すると云われていた。少年は背筋を伸ばし、しっかりと受け答えしていたが、空腹の様子は隠しようも無かった。
 彼は兵舎に戻り食事出されたパンにバターとジャムを塗るとナプキン
に包んだ。持ち出しは禁じられていた。だが彼はすぐさま少年の処に取って返し、包みを渡した。(少年は有難うございます)と云い,包みを箱に入れた。
 
 彼は少年に何故箱に仕舞ったのか、お腹は空いていないのかと尋ねた。少年はお腹は空いています、と云い3歳のマリコが家で待っています。一緒に食べたいんです、と云った。此の7歳のお腹を空かせた少年が3歳の妹のマリコとわずか一片のパンを分かち合おうとした事に深く感動したと綴っている。彼は此の後もハワイ出身の仲間と共に少年を手助けした。しかし日本には2ヶ月しかいなかった。再入隊はせず、本国で法律を学ぶ事を選んだからだ。そして1974年、日系人として初めてハワイ州知事に就任した。後アリヨシ氏は日本に旅行する度、此の少年の人生を心配した。メデイアと共に消息を探したが、見つからなかった。
 妹の名前がマリコである事は覚えていたが、靴磨きの少年の名前は覚えていなかった。私は彼に会いたかった。

 アリヨシ氏の手紙は、興廃した国家を経済大国に変えた日本を考える度にあの少年の毅然とした気概と心情を思い出す。それは国のためにと言う日本国民の精神と犠牲を象徴するものだと記されていた。今を生きる日本人へのメッセージが最後にしたためられていた。幾星霜が過ぎ,日本は変わった。今日の日本人は生きる為の戦いをしなくて良い。
 殆どの人々は 両親や祖父母が新しい日本を造るために払った努力と犠牲のことを知らない。全ての事は容易に手に入る。そうした人達は今こそ、7歳の靴磨きの少年の家族や国を思う気概と苦闘をもう一度考えるべきである。凛とした日本人たれ。父母が福岡県豊前市出身だった有吉氏の祖国への思いが凝縮されていた。此の記事から推し量られるのは我々にも此の凛としたDNAが内在されている筈である。
 生き方としてそのDNAをオンするかオフするかであると思います。要は気付きであると思います。その要として私の主催するSRT療法で根源の生命力をを全開することは非常に重要な要素であると思います。
 私の天職の大切さをしみじみと感じます。






  









スポンサーサイト

FC2にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ人気ブログランキング
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 意識整体 SRT姫路センター |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。