意識整体 SRT姫路センター

SRT治療法を受けていれば、一生介護のお世話になることはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ人気ブログランキング
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

私がセラピストの道を選んだ動機Ⅳ

父の肺がん死に依って感じた事は現代医学の最高峰だと思っていた大学病院は決して癒しの場ではなく,研究と実験の場であったと言う事でした。


入院した時は元気だった父が見る見る弱って行き,遂にレントゲン室迄行けなくなり,技師が卓上のレントゲン装置を病室まで持って来るようになりました。


ご家族の方は外に出て下さい,と技師は云うのですが確かにスイッチオンの時は危険ですが,セッテイングの時は手伝っても良い筈です。それを父の胸倉を片手でつかんで上半身を引き上げ背中の下に無理やり撮影の為の板を入れます,苦痛に歪む父の顔,思いやりと言うものが全く感じられませんでした。



現代医学以外殆ど知りませんでしたが,きっと何か的確で最高の効果を持った癒しのメソッドが在るに違いない,必ずそのメソッドに出会うことが出来るし,会得して苦しんでいる人々を助けさせて頂きたいと堅く心に誓いました。



しかし多分狭い世界だろうから,サラリーマンの体験もしておこうと4年程体験致しました。


FC2にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ人気ブログランキング
別窓 | 自叙伝 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<私がセラピストの道を選んだ動機Ⅴ | 意識整体 SRT姫路センター | 私がセラピストの道を選んだ動機Ⅲ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 意識整体 SRT姫路センター |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。