意識整体 SRT姫路センター

SRT治療法を受けていれば、一生介護のお世話になることはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ人気ブログランキング
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

sinnコンセプト

続き,人は何らかの感情を抱いて生活している。しかし,其れがあまりに度を越していると,病気の原因に変わる。 東洋医学では喜,怒,思,憂と悲,恐,驚の7種類の感情を7情と呼び,此れが過度になったものを内傷のひとつに分類している。 人である以上感情を抱くのは当たり前で,何ら問題はない。しかし,(心配で眠れない)とか(何時もイライラしている)と言う様に感情が度を過ごしたり,長期間に及んだりすると病気の原因になるノです。
7情は気に影響を及ぼしその流れを失調させる。 又七情のそれぞれの感情は特定の五臓に影響して,精気を傷つけたり,働きを失調させたりするされる。その時の七情と五臓の関連は喜と心,怒と肝,思と脾,憂や悲と肺,恐や驚と腎である。しかし,どの感情も一様に病気の原因になる訳ではな い。七情が原因となる失調は心,肝,脾で起こる。七情のうちで病気を引き起こし易いのは,実際には怒と思である。怒にはストレスや緊張等が含まれ,思には悩みなどが含まれる。
 怒りやストレスが過度になると,肝の気が上昇する頭にきた,カッカすると云った興奮状態だ。
此の時気が血(けつ)を伴って頭にj上昇すると脳卒中等を誘発し,心に影響すると動悸や不眠を誘発する。思い悩み過ぎると脾の気が」結束して(集まり固まって)消化吸収の働きが損なわれrて食欲が無くなる。此の様に七情が影響する臓腑は実際には五臓の中でも主に肝,脾であると云える。

FC2にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ人気ブログランキング
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<クライアントの根源の生命力(自然治癒力)がどんどん復活している様子を的確に把握する | 意識整体 SRT姫路センター | srthimeji新コンセプトです>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 意識整体 SRT姫路センター |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。